【小型水槽がおすすめ!】初心者におすすめな水槽サイズとその理由【お金がかからない!】

小型水槽にするべき

たまお

こんにちは元熱帯魚ショツプ店員のたまおです。
今回は初心者さんに小型水槽がおすすめな理由についてお話ししていきます。

【はじめに】水槽は思ったよりも大きい

水槽の大きさ

皆さん、熱帯魚の飼育について調べていると「初心者は60cm水槽から始めるべき!」という情報を見かけることが多いと思います。


確かにこれは正しいですが、これは熱帯魚の飼育に慣れたベテランの意見です。


初心者の記憶や経験がまだ鮮明な私からすると、これから熱帯魚飼育をする人には小型水槽がおすすめです。
(熱帯魚ショップで働いていた時も初心者の方には小型水槽をおすすめしてました!)

それは以下の5つの理由があるからです。

小型水槽がおすすめな5つの理由
  1. メンテナンスが簡単(管理が楽)
  2. 初期費用が安い
  3. ランニングコストが安い
  4. 設置場所が自由
  5. 熱帯魚をじっくり観察できる

長く熱帯魚を飼育していくのであれば、特にメンテナンス性は初心者の方が最優先で考えるべき項目になります。


そのため、メンテナンス性が高い小型水槽は初心者におすすめなのです。

たまお

この後の章で詳しく解説していきます。

 30cmキューブ水槽がおすすめ!

小型水槽がおすすめと申し上げましたが、具体的な水槽サイズは以下の2つです。

小型水槽サイズ

特に右側の「30cmキューブ水槽」は水量や大きさもちょうど良く、水槽用品も充実しているため非常におすすめです。


小型水槽をおすすめする5つの理由

  • メンテナンスが簡単(管理が楽)
  • 初期費用が安い
  • ランニングコストが安い
  • 設置場所が自由
  • 熱帯魚をじっくり観察できる

では一つ一つ見ていきましょう。

メンテナンスが簡単(管理が楽)

メンテナンス

小型水槽は水量が少ないため水換えが一回で済んだり、ガラス面を掃除する範囲が少なくて済むなどメンテナンスが楽であることが最大の特徴です。


熱帯魚を長く飼育していく上でメンテナンスは欠かせません。
このメンテナンスを長く続けられるかが、熱帯魚飼育が成功するか否かの分かれ目になりますので、非常に重要なのです。

MEMO
水槽が大きくなるほどメンテナンスに手間がかかり、時間を取られてしまい重労働になりがちです。

たまお

60cm水槽以上の大きさになると気軽にメンテナンスができなくて、管理を怠るようになり水質悪化を招く場合もある!

初期費用が安い

金額

小型水槽では水槽立ち上げ時の初期費用が安く済みます。
※水槽立ち上げとは、熱帯魚を水槽に入れるまでの事前作業のこと


例えば水草であれば理想のレイアウトにするのに少量を用意するだけで済みますし、フィルターなどの機材も小型なもので済むので費用を安く抑えることができます。


その他にも流木や砂利、水槽本体価格なども少量・小型で済ますことができます。

MEMO
レイアウト用品だけでなく、水槽本体や濾過材、フィルターなども小さいほど値段が安く揃えることができます。

たまお

大きな水槽になるほど水草を揃えるだけでも大きな費用がかかる・・・

ランニングコストが安い

ランニングコスト

大型水槽では、一回の水換えで数十ℓの水を捨ててしまうこともあり、水道代が高くなります。


その他にも水槽が大きくなるほど熱帯魚の飼育数が増え、熱帯魚のエサ代が増加します。
また、ヒーターやライト、フィルターなどの消費電力も増えるので、電気代のランニングコストも高くなってしまいます。


小型水槽であれば、これらのランニングコストを抑えることができます。

水槽サイズ別の水道代&光熱費を
以下の画像にまとめましたのでご覧ください。

合計費用
水道代1リットル0.24円・電気代27円/kWhにて計算

たまお

1年間でみるとかなりの差がある・・・!

設置場所が自由

設置自由

水槽の設置場所は水槽台・コンセント・日当たり・重量などなど、考える要素が多いです。
水槽が大きくなるほどこれらの要素に縛られ、自由に設置できなくなります。


しかし小型水槽であれば自由に設置でき、設置場所に必要な箇所も大きくならないので邪魔にもなりません。


他にも設置後に移動させたいと思った場合に、大型水槽(60cm水槽以上)であれば一旦水や砂利などを水槽から取り出さなければ重すぎて移動させることができません。


しかし、小型水槽であれば水を入れたままでも持ち運ぶことすら可能です。

MEMO
このように小型水槽は生活環境の変化への対応が楽チンです。

たまお

大きな水槽(60cm以上)を置くときはちゃんと下調べをしよう!

熱帯魚をじっくり観察できる

観察

小型水槽は熱帯魚との距離が近く、観察をしやすいですが、大型水槽では水槽が大きいため、魚が奥にいると観察しづらいです。

特に多数の熱帯魚を一緒に飼育してるほど、観察しづらいです。

MEMO
熱帯魚の観察は病気の早期発見であったり、繁殖時の卵の発見を助けてくれます。

名前

魚を1匹1匹しっかり見る楽しさもある!

【知っておこう】小型水槽の3つのデメリット

デメリット

水質が変化しやすい

よく言われるデメリットが水量が少ない事による水質の悪化の早さです。
ただしこれは適切な数の熱帯魚の飼育、適度な水換えなどを行うことで防ぐことができます。
 

飼育できる熱帯魚の数が限られる

水槽サイズが小さいので、熱帯魚を多く飼育することができません。
しかし、性格が荒い熱帯魚を単独飼育する場合には役立ちます。
 

器具が目立つ

水槽が小さいため、ヒーターやフィルターなどが工夫をしないと目立ってしまい、見た目を損ねます。
ただし、器具の不調をすぐに発見できるので一概にデメリットとは言えません。
 


【迷った時は】おすすめは30cmキューブ水槽!

小型水槽

ここまで小型水槽をおすすめしてきましたが、特ににおすすめできるサイズは「30cmキューブ水槽」です。


しっかりとしたレイアウトができる最低限のサイズがあることや、飼育できる熱帯魚も多いため、とりあえず熱帯魚飼育を始めたい方におすすめです。


もっと小さい水槽がいいのであれば、30cm水槽をおすすめします。(サイズ:幅30cm×奥行き20cm×高さ25cm)

MEMO
30cmキューブ水槽はフィルターや照明などの機材の選択肢が多いことや、水量も適度にあるため非常に汎用性が高いです。金額もお手頃なもの多いです。

たまお

30cmキューブ水槽はすべてがちょうど良い!

【まとめ】水槽サイズに迷うなら飼いたい熱帯魚から決めよう

まとめ

とりあえず熱帯魚の飼育を始めたい方や、小型の熱帯魚を飼育したい方は今回紹介したように、小型水槽から飼育を始めてみることをおすすめします。


大型水槽に手を出してみたい初心者の方は、大型水槽からいきなり始めるよりも管理のしやすい小型水槽から始め、熱帯魚飼育の経験を積んでから大型水槽に手を出してみることをおすすめします。


しかし、初心者さんの中には「この熱帯魚が飼いたい!」と既に決め、その熱帯魚が大型水槽でしか飼育できない場合もあると思います。


そんな方は飼いたい熱帯魚に合わせた水槽を購入することを強くお勧めします
なぜなら、そのほうが長く熱帯魚飼育を続けられるからです。

たまお

飼いたい熱帯魚ならモチベーションを高く保てるから長く飼育し続けられる!
MEMO
「長い期間しっかりとメンテナンスをして、面倒を見てあげる」ということが何よりも大切です。

今回は初心者向けにメンテナンスが容易な小型水槽を紹介してみました。

いじょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA