【水槽をおしゃれに!】初心者向きのレイアウト用品11種をご紹介!気孔石がおすすめ

初心者向きのレイアウト用品

たまお

こんにちは、元熱帯魚ショップ店員のたまおです。
今回は初心者におすすめの水槽のレイアウト用品についてお話しします。

【はじめに】レイアウト用品は多すぎる!

多すぎる

おしゃれな水槽を作るには水槽の中に入れる流木や石や岩などのレイアウト用品が必要です。


しかしながら、レイアウト用品は流木だけでも太さや色合いの違いがあったり、石でも種類によって形や大きさも様々で、初心者の方にはどれを選べば良いのかわからないと思います。


この記事ではそんな初心者にも扱いやすいレイアウト用品をご紹介していきますので、是非最後までご覧ください。

たまお

流木や石などの自然系のレイアウト用品は値段が高いものが多いので失敗したくない!

おすすめのレイアウト用品11種

レイアウト用品11種

【自然の石】

  • 気孔石
  • 溶岩石
  • 青華石


【水草付き流木】

  • ミクロソリウム・セミナロー付流木 
  • ハイグロフィラ・ポリスペルマ付流木 
  • アヌビアス・ナナ付状流木 


【人工物】

  • 古代遺跡のオブジェ
  • FEDOUR 水槽オーナメント
  • Cat Hand 魚の隠れ家
  • 人工水草
  • テトラポット(小型)


それでは紹介していきます!


気孔石(黄虎石とも呼ばれます)

気孔石は「孔」と名の付く通り、表面に独特なくぼみのある石です。


このくぼみは水の力で削られたような滑らかな形をしているため、水槽のレイアウトとして使用することで、川の中をそのまま切り取った様な印象を与えてくれます。


私が働いていた熱帯魚ショップでも1、2を争うほど人気な石で、ホームセンターの熱帯魚コーナーにもよく置いてあるので入手も簡単です。

注意
くぼみの中に汚れが溜まっているので、初回使用時にはよく洗浄してから使用しましょう。

たまお

個人的に非常におすすめな石です!迷ったらこの気孔石を選べば間違い無いです!
下の写真は我が家の気孔石を使った水槽です。
我が家のレイアウト

溶岩石

溶岩石は名前の通り溶岩(マグマ)が冷え固まったことによりできた石です。


表面に小さな穴が空いていることからザラザラとした肌触りが特徴的で、この特徴から水をキレイにしてくれるバクテリアを沢山定着させることができます。


また、表面がザラザラなため水草が活着しやすい(根を張りやすい)ので、活着する水草との相性は抜群です。


ゴツゴツとした見た目や濃い黒色・赤黒色をしているため、水草等で隠さず岩肌を見せることで迫力のあるレイアウトに仕上がります。

たまお

コケリウムにもよく使われています!

 Amazonで金額確認↓

富士山 溶岩石(高濾過) 3キロ


青華石

青華石
画像出典:Amazon(カミハタ)

青華石は名前から分かる通り、青みのかかった灰色の石で、ゴツゴツした見た目から「石」というよりも「岩」の様な印象が強いです。


その見た目から白色のバックスクリーンと組み合わせることで、清涼感あふれるレイアウトすることができます。


水の硬度を上げてしまうデメリットがありますが、初心者向けの水草であれば問題なく育てることが可能です。(アヌビアスやバリスネリアやクリプトコリネなど)

注意
ウォーターローンやルドウィジア系、ロタラ系は育ちにくいので、避けた方が無難です。

たまお

石だけでレイアウトを作るなら一番おすすめ!日淡(日本の淡水魚)との相性も抜群です。

ミクロソリウム・セミナロー付き流木 

ミクロソリウム付き流木
画像出典:楽天(Charm)

初心者にも育てやすい水草であるミクロソリウムと流木がセットとなっている商品です。


水草が流木に活着(張り付くこと)しており、設置した後でも簡単に配置を変更することができるので、途中でレイアウトを変更したり掃除の時だけ取り出すという様な使い方が可能です。(直接底砂に水草を植えた場合はレイアウト変更するのが大変)


ミクロソリウム・セミナローは強い光やCO2(二酸化炭素)、栄養を必要としないため、水槽に入れておくだけで簡単に育てることができます。

たまお

イメージ写真よりも沢山水草がついてくるので大変お得な商品で、30cm水槽では1つ・45cm水槽では2つ・60cm水槽では3つが適量です。(以下参考写真:出典楽天(Charm)

ミクロソリウム付き流木

アヌビアス・ナナ付き枝状流木

アヌビアス枝流木
画像出典:楽天(Charm)

非常に育てやすい初心者向き水草であるアヌビアス・ナナと細長く枝分かれした流木がセットとなっている商品です。


水草が流木に活着(張り付くこと)しており、設置した後でも簡単に配置を変更することができるので、途中でレイアウトを変更したり掃除の時だけ取り出すという様な使い方が可能です。


アヌビアスナナは強い光やCO2(二酸化炭素)、栄養を必要としないため、水槽に入れておくだけで簡単に育てることができます。


丈夫さであれば水草界最強なので、初心者に一番おすすめできる水草です。

MEMO
「枝状」流木を使用しているので、流木そのものを見せるよりも水草や石などの脇役として使用するのが良いでしょう。(多数の枝状流木がある場合は主役にもなります!)

たまお

葉っぱが大きいので、水槽の中央に置くだけでシンプルでキレイなレイアウトが作れます。

ハイグロフィラ・ポリスペルマ付き流木 

ハイグロフィラ付き流木
画像出典:楽天(Charm)

初心者にも育てやすい水草であるハイグロフィラと流木がセットとなっている商品です。


他の水草付きの流木と比べると非常に安価でコストパフォーマンスが最高なので、迷っている場合はこの商品を強くおすすめします。


この水草は流木に活着しないので流木の穴に括り付けられていますが、簡単に取り外せるので成長や増殖に応じて好きな場所に植え替えることが可能です。

MEMO
ハイグロフィラ・ポリスペルマは強い光やCO2(二酸化炭素)や栄養を必要とせず、成長スピードが早いので初心者でも簡単に水槽内で増やすことができ、水槽内を緑でいっぱいにできます。

オブジェ 古代遺跡 

古代遺跡
画像出典:Amazon(J’s select)

ヨーロッパのお城の遺跡をイメージしたオブジェクトで、水槽内に入れることで高級感が漂うファンタジーな水槽に仕上げることができます。


また、オブジェの中に穴や空洞があるので魚の隠れ家・休憩場所にもなり、魚にとっても安心できます。


人工のレイアウト用品のため、汚れた場合はスポンジやたわしでゴシゴシと洗うことができるのでメンテナンスが非常にしやすいのが特徴です。

注意
高さ15cm×横20cm×幅9cmと大きいので、入れる水槽の大きさに注意しましょう。30cm水槽〜40cm水槽におすすめです

Cat Hand ミリタリー(潜水艦)

潜水艦
画像出典:Amazon(Cat Hand)

このレイアウト用品は海底の沈んだ潜水艦をイメージして作られた商品で、水槽内に入れることで海水魚を飼育してくれる様な雰囲気を醸し出してくれます。


また、本体に魚が休めるくぼみ(穴)もあるので熱帯魚の隠れ家としての利用も可能です。

MEMO
上記でご紹介した「オブジェ 古代 遺跡」と併用することで神秘的な海底神殿を演出することができるので、是非一緒に設置してみてはいかがでしょうか?

たまお

サンゴ砂など白色の底砂と一緒に使用すると非常に相性がいいです。

 Amazonで金額確認↓

Cat Hand ミリタリー(潜水艦)


コケ模様付き人工岩(樹脂石の水槽飾り)

人工岩
画像出典:Amazon(HITOP)

このレイアウト用品はご覧の通り自然の石を樹脂(プラスチック)で再現した商品です。


このコケ模様付き人工岩は安価なだけではなく、6個の人工水草もセットになっており、小型水槽であればこれ一つでのある程度のレイアウトを作ることが可能です。


安価で手入れもしやすいので、気軽にレイアウトを楽しみたい方におすすめです。

注意
人工岩自体のクオリティは高いですが、付属の人工水草のクオリティは低いので、気になる方は本物の水草を植えると良いでしょう。

人工水草

人工水草
画像出典:Amazon(uxcell)

人工水草は樹脂(プラスチック)で作られた人工の水草です。


人工水草は成長しないので、育成管理やトリミング・枯れないといったメリットがあり、非常に手間のかからない商品になっています。


また、自然界では見ることのない色や形をしているものもあり、見ていて楽しませてくれます。


水草の管理の手間を省きたい方や安価に済ませたい方、ファンタジーな見た目にしたい方におすすめな商品です。

注意
人工的に作られた感じが出てしまうので、自然界の雰囲気を水槽内に再現したい場合にはおすすめできません。

たまお

汚れてしまったら簡単に洗えるのも人工水草ならではの特徴です!

 Amazonで金額確認↓

uxcell 人工水草 グリーン


テノリテトラ水槽用(テトラポット)

テノリテトラは写真の通りテトラポットをそのまま小さくしたレイアウト用品で、実際のテトラポット同様にコンクリートでできているため、非常にリアルにできています。 


少量で使うよりもまとめて積み上げて使用することで迫力が出て見応えがあるレイアウトに仕上がります。


また、積み上げた際にできる隙間がエビやドジョウなどの隠れ家にもなるので、隠れ家としての利用もできます。

MEMO
金額が若干高いですが、他にはないレイアウトを作るのに重宝します。

たまお

白い細かい砂と一緒にすることで、海の様なレイアウトを作り出すことができます。
↓の写真はテノリテトラの大きさです!(我が家の)

【まとめ】初心者には流木はおすすめできない

まとめ

レイアウト用品といえば流木を真っ先に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?
確かに流木はレイアウト用品としては非常にメジャーでよく使用されています。


しかし、流木は

  • 値段が高い
  • 浮き上がってしまう
  • カビが生える
  • 水が茶色になる

といったデメリットがあり、初心者を困らせてしまう場合があります。


特に下処理のされていない流木は初心者の方は手を出さない方がいいでしょう。
※下処理された流木は「下処理済み」と表示がされています。こんな感じ ⇨ 煮込み済み流木(楽天)


よって初心者の方は今回ご紹介した気孔石・溶岩石・青華石などの石や岩からレイアウトを始めてみるといいでしょう。
特に気孔石は適当に積み上げるだけで美しいレイアウトになるのでおすすめです。

MEMO
今回紹介した水草付きの流木は、下処理がされていてデメリットが目立たない様になっているのでおすすめです。
価格についても水草と流木を別々に購入するよりも安価に抑えることができます。



こんかいはいじょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA