【10個の理由を紹介!】一人暮らしに熱帯魚飼育がおすすめな理由

一人暮らしに熱帯魚

たまお

こんにちは元熱帯魚ショップ店員のたまおです。
今日はペットを飼いたい一人暮らしの人に熱帯魚をおすすめする理由についてお話ししていきます。
この記事でわかること
  • 一人暮らしのペットに熱帯魚がふさわしい理由
  • 犬や猫など他のペットとの違い

  • 熱帯魚がもたらすメリット


一人暮らしでもペットが飼いたい(飼いたくなる)

寂しい

一人暮らしをしていると、寂しい気持ちになる事がありませんか?


そんな時はペットを飼育できれば良いのですが、犬や猫だと家を空けることが出来なくなったり、そもそも賃貸では飼育ができないなど、手間や制限がかかってしまい、諦めてしまう方も多いです。


しかしながら、なんとかペットを飼育したいと思っている人は非常に多いです。
そんな人におすすめなのが、熱帯魚です。

たまお

私も熱帯魚を飼うきっかけになったのは、大学に進学し、一人暮らしで寂しく感じたからでした。

熱帯魚の飼育は手間がかからない

手間がかからない

熱帯魚は小さなスペースで飼育ができたり、1週間ほど餌を与えなくても生きていけるので、一人暮らしの人にぴったりなペットになります。


その他にも泣き声を上げなかったり、ランニングコストが低いことなど一人暮らしの方が飼育するのに最適な要素が揃っています。


この記事ではそんな熱帯魚の魅力や飼育するメリットをご紹介しますので、是非最後までご覧ください。


それでは早速解説していきます。

注意
あくまで他のペットと比較すると手間がかからないというだけで、全く手間がかからないというわけではありません。

一人暮らしに熱帯魚がおすすめな10個の理由

  • 手間がかからない
  • 賃貸・マンションでも飼育できる
  • 狭い部屋でも飼育できる
  • 1〜2週間なら留守にできる
  • ランニングコスト(維持費)が安い
  • 臭わない
  • アレルギーがない
  • おしゃれでモテる(偏見)
  • 加湿効果がある
  • 自然の中にいる様な気分にさせる

それでは詳しく解説していきます。

手間がかからない

手間がかからない

冒頭でも述べたように、熱帯魚の飼育は他のペットと比べると手間がかかりません。


犬や猫の場合は、散歩・トリミング・躾・定期検診などやらなければいけない事が沢山あり、一人暮らしをしていると世話に時間を取られてしまいます。


しかし、熱帯魚は最低限の餌やりと水換えを行えば飼育する事ができ、手間がそれほどかかりません。


ただし、使用する水槽が大きいとメンテナンスの手間は増えます。

たまお

一人暮らしにおすすめな小型水槽では特に手間がかかりません!

賃貸・マンションでも飼育できる

賃貸

賃貸やマンションでは「ペット不可」の物件が多くあり、基本的に犬や猫などは飼育できません。(汚れや鳴き声などで資産価値が下がるため


しかしながら、熱帯魚は部屋を汚さない・泣き声もしない・臭いもしないことから「ペット不可」でも飼育できる事が多いです。


特に小型水槽であれば観葉植物の様なインテリアとしてみなされるので、設置できる場合がかなり多いです。

注意
ただし大きい水槽(90cm水槽以上)は重量や水漏れの際のリスクの観点から設置するのはやめましょう。
また、事前に契約書などでペット不可の範囲を確認する様にしましょう。

狭い部屋でも飼育できる

部屋

熱帯魚は半畳程度のスペース、もしくはそれ以下のスペースさえあれば十分に飼育が可能です。


そのため一人暮らしでワンルームマンションに住んでいる方や、シェアハウスなどで自分のスペースに限りのある人でも気軽に飼育を始める事ができます。


また、水槽をメタルラックや水槽台に置くことで、狭いスペースに何個も水槽を設置したり、部屋をオシャレに見せたりすることも可能です。

我が家のメタルラック
我が家のメタルラック

たまお

当たり前ですが、大きい水槽になるほど必要スペースが大きくなります。

1〜2週間なら留守にできる【旅行に行ける】

留守

熱帯魚はお留守番が得意なペットで、餌を与えなくても少なくとも1週間は全く問題なく生きる事ができます。


そのため仕事や授業などで日中部屋を空ける場合はもちろん、旅行や出張などのお泊まりも気兼ねなく行う事ができます。
ペットホテルにかかるお金も抑えることもできますね!


1週間も飲み食いさせずにお留守番なんて、犬や猫などでは考えられませんよね。

たまお

1週間も飲み食いさせずにお留守番なんて、犬や猫などでは考えられませんよね!

ランニングコスト(維持費)が安い

ランニングコスト

熱帯魚の飼育はランニングコスト(維持費)が非常に低いです。基本的には電気代・餌代しか費用は発生しません。


ざっくりとした計算ですが、小型水槽であれば一ヶ月あたり500円程度の費用で済ませる事ができ、出費を抑えたい一人暮らしの人におすすめです。

MEMO
小型水槽であれば、1万円程度で熱帯魚飼育を始める事ができます。(初期費用も安い!)

アレルギーが無い

アレルギー

犬や猫であれば、アレルギーを持っていて飼うのが難しい場合がありますよね。


しかし、熱帯魚であればアレルギーのことを考える必要はありません。
熱帯魚は水中に住んでいるため、アレルギー物質が空中に舞うことがなく、体の心配をする必要がないからです。

MEMO
アレルギー持ちの家族やご近所さんにも気を使う必要がないこともポイントです。

おしゃれでモテる(偏見)

モテる水槽
我が家の40cm水槽

熱帯魚の水槽は水草を入れ、上手にレイアウトする事で写真のように非常におしゃれに作り上げる事ができます。


このような水槽がある事で落ち着きのある雰囲気の部屋が作り出せるます。


こんな水槽が家にあればモテる事間違いなしです。(たまおの主観)
生き物が苦手な女性からの評価は低くなりますけどね・・・・

たまお

会話のきっかけにもなるのでおすすめです!

加湿効果がある

水滴

水が入った水槽を部屋に置くことになるので、加湿効果があります。
特に冬場など乾燥している時期は水槽の水の減りが早いので、加湿されている様子がわかります。


電気で動く加湿器を使用すると加湿しすぎてしまう恐れもありますが、水槽の場合は適度な湿度に保ってくれます。

注意
反対に夏は湿度が上がってしまうので、気になる方は除湿機などを設置しましょう。

たまお

私は寝室に水槽を置いていたため、朝起きたときの喉の乾燥がなくなりました!笑

心をリラックスさせる

リラックス

生き物を飼育することや美しい熱帯魚水槽を眺めることは、人間をリラックスさせる効果があります。


特に水草がたくさん入っている水槽では、副交感神経に影響を与え気持ちを休ませ、リラックスさせてくれる効果があります。
 

他にも水槽からは「1/fゆらぎ」と呼ばれるヒーリング効果のある水の音が発せられるので、目と耳両方でリラックスする事ができます。


【まとめ】少しでも気になったらショップに行ってみよう

チェック

上記で説明してきた通り、熱帯魚飼育は一人暮らしにぴったりです。


もし今熱帯魚を飼育するかどうかで迷っている場合は、是非熱帯魚ショップに足を運んでみることをおすすめします。


実際に美しい水槽や泳いでいる熱帯魚を見ることで、お部屋に水槽を設置したときのイメージが湧き、熱帯魚が飼育してみたくなるはずです。


生き物は実際に見てみないとわからない事が多いので、特に初心者さんは事前に自分の目で確認することが大切です。


熱帯魚ショップが近くにないなら動画で確認してもOK!

MEMO
ホームセンターも含めれば全国どこにでもショップはあるので、迷ったら足を運んでみてください。

熱帯魚水槽の雰囲気を動画でチェック!


是非私達と一緒にアクアライフを始めてみませんか?


今回はいじょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA