【初心者には難しい】外部フィルターの特徴と使い方【おすすめの商品も紹介】

外部フィルター

たまお

こんにちは、たまおです。
今回は外部フィルターの特徴と使い方について紹介します。

外部フィルターとは?

フィルターとは

外部フィルターとは水槽内の水をホースで水槽外へと運び出し、キレイに濾過してから水槽内へ戻すという方式のフィルターです。

小型水槽から大型水槽まで幅広く対応していることや、濾過能力が高いことからかなり人気のフィルターとなっています。

たまお

どちらかと言えば中型・大型水槽向けかな
注意
ただし他のフィルターと比べ値段が高いので、費用を抑えたい方にはおすすめできません。

外部フィルターの使い方は?

フィルターの使い方

まずは同梱されている、ろ材を外部フィルター内にセットします。
その後、給水・排水ホースを水槽内に設置し、外部フィルターと接続します。
最後に電源を入れて水が循環すれば終了です。

注意
外部フィルターは基本的には水槽の下に設置しないと使えないので、外部フィルターを下に収納できるスペースを確保しましょう。

外部フィルターの金額は?

金額

外部フィルターは5,000円〜15,000円程度で購入でき、サイズが大きくなるほど金額が高くなります。

他の種類のフィルターと比べると高い金額になりますが、濾過能力はもちろん、静音性や水草育成を重視するのであればコストパフォーマンスは高いと思います。

たまお

寿命も長いので、長期での使用を想定している方には尚更おすすめです。

外部フィルターのメリット・デメリット

メリット・デメリット

【メリット】

濾過能力が高い

MEMO
外部フィルターは他のフィルターよりも多くのろ材が入るため、濾過能力が非常に高いです。

更にエアレーションを併用することで、より高い濾過能力が期待できます。

静音性が高い

MEMO
外部フィルターはその機密性と水槽の外に置くという特性から静かな製品が多く、排水も水中へ行うため、水の音もしません。

寝室などの静かな空間に水槽を設置する場合にはおすすめのフィルターです。

水草育成に最適

MEMO
外部フィルターは濾過時に水が空気に触れないことや、排水時に水面の揺らぎを抑えることができるため、二酸化炭素が逃げにくいという特徴があります。

そのため二酸化炭素を栄養とする水草の育成に適した水槽を作ることができます。

【デメリット】

メンテナンスが大変

MEMO
外部フィルターはメンテナンスの際にホースを取り外したり、固いフタを外したりするなどの手間がかかります。

また、コンセント・給水ホース・排水ホースの3つが繋がっているため、自由に動かせないことや掃除の際に邪魔になるという欠点があります。

フィルター自体もかなり重いこともメンテナンス性の悪さにつながります。

値段が高い

MEMO
冒頭でも述べましたが、外部フィルターの金額は5,000円〜15,000円程度と他のフィルターに比べ高額です

また、ろ材が多く入ることから、ろ材を交換する場合に多くの費用がかかってしまいます。

設置スペースが必要

MEMO
外部フィルターはサイズが大きかったり、水槽の下に設置する必要があることから設置スペースが限られます。(下に置かない外部フィルターもあります。)

高さが低い水槽台のに設置する場合は、フィルターが収納できないことにもなりうるので注意してください。

水槽周りがごちゃごちゃする

MEMO
外部フィルターはコンセント・給水ホース・排水ホースの3つの管が繋がっているので、それらを上手く隠さないと非常に目障りになります。

特に「エーハイム」の外部フィルターは、ホースの色が目立つことや、ホースに装着するアイテムが多いことからこの傾向が強くなります。

名前

デメリットがちょっと多いかな

フィルターの掃除頻度と方法

掃除

【掃除頻度】

以下に一つでも該当した時は掃除をしましょう!

  • 3ヶ月に1回(スポンジやウールマット)
  • 6ヶ月に1回(その他ろ材)
  • 水流が弱くなった時
  • 排水口からゴミが出てくるようになったら

【掃除方法】

手順①
電源を切る
手順②
ホースをフィルターから外す
手順③
フィルターのフタを開け、ろ材を取り出す
手順④
取り出したろ材を洗う(飼育水またはカルキを抜いた水で)
手順⑤
ろ材を元に戻し、フタを閉める
手順⑥
ホースをフィルターと接続する
手順⑦
電源を入れる
終了!

フィルターの大きさにもよりますが、重量があることやろ材の量が多いことから、少なくとも15分はメンテナンス時間がかかります。

名前

初心者の方はかなり手間取るかと思うので、動画や説明書を必ず見ましょう。

【買い替え時期】

以下に一つでも該当した時は買い替え or 部品の交換をしましょう。

  • 買い替えは5年が目安(10年以上使用し続けている人もいるので一概には言えない)
  • モーターから「カラカラ」などの異音がする時
  • モーターを掃除しても水流が弱い時
  • 水漏れが発生した時

おすすめの外部フィルター

1位 テトラ バリューエックスパワーフィルター

このシリーズのフィルターは、他の外部フィルターに比べると多くのろ材が入るため、特に濾過能力が高いです。

また、ホースが取り付けやすいことや、ホースを自由に動かせることから、外部フィルターの中でもメンテナンス性が高いです。


2位 GEX メガパワー

この外部フィルターはホース側にモーターが付いているため、水槽の横に設置することが可能です。

水槽の下にフィルターを設置できない場合におすすめです。


3位 エーハイム クラシックフィルター

外部フィルターの中で一番有名で人気があるのがこのエーハイムフィルターです。
外部フィルターの中では壊れにくいと言われています。

ホースが緑色なので見た目が気になるかもしれません。


【まとめ】初心者にはおすすめできないフィルター(私の主観)

まとめ

初心者にとってフィルターのメンテナンスは非常に面倒で、それが嫌で熱帯魚飼育をやめてしまう人もいます。

外部フィルターは特にこの傾向が強いことや、設置も他のフィルターと比べると難しいという特徴から初心者にはおすすめできません。 

熱帯魚飼育に慣れてきてから手を出してみましょう!

たまお

初心者の頃はメンテナンスに手間取って水浸しになったこともあるなぁ。



 今回はいじょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA